2016年03月28日

お手軽ロールキャベツ

イメージ 1

【用意するもの】
キャベツ・ジョンソンヴィル・コンソメ(キューブ)・胡椒・胡椒

【作り方】
(1) キャベツの葉の芯をそぎ取り、さっとゆでてしんなりさせる。
(2) キャベツでジョンソンヴィルを巻く。
(3) 鍋にコンソメと水を入れて煮立たせる。
(4) ジョンソンヴィルを巻いたキャベツを鍋に入れ、中まで火が通るように煮る。
(5) 器に盛り付けて胡椒をふり、粒マスタードを添えたらできあがり。


以前のレシピとかぶってますが、
ジョンソンヴィルを使ったロールキャベツです。
ジョンソンヴィルじゃなくてもいいけど、
ジョンソンヴィルがおすすめです。(笑)
ジョンソンヴィル1本に対してキャベツの葉2枚を使っていますが、
もっとキャベツの枚数を増やしても大丈夫です。
そのあたりはお好みで。
写真ではジャガイモとゆで玉子とミニトマトも一緒に入っています。
このあたりもお好みで。
そうそう、コンビニおでんの残りのつゆで煮てもウマイです。
そのときはぜひ和辛子を添えてください~♪
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:34| Comment(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ツナとゴボウのマヨネーズ和え

イメージ 1

【用意するもの】
ごぼう・ツナ缶・ピクルス・A{マヨネーズ・レモン汁(またはポン酢)・塩・胡椒}

【作り方】
(1) ごぼうを1cmくらいの厚さに切り、水にさらしてアクを取る。
(2) ごぼうの食感が残るくらいにゆでて水気をしっかり切る。
(3) ピクルスを5mm角くらいに切る。
(4) ごぼう、ツナ缶、ピクルスを混ぜ、Aで味を調えたらできあがり。


この間、武蔵小山のHEIMAT CAFE(ハイマットカフェ)で食べた
デリプレートにツナとゴボウのアイオリソース和えというのがあって、
これが実に美味しかった!
ってことで、家で再現~♪
マヨネーズ+レモン汁でお手軽に。
さらに、お店ではケッパーが使ってあったけど
家には買い置きがなかったのでピクルスを刻んで使いました。
ゆでたゴボウから結構水分が出るので、
ゆで上がったら塩をしてしばらくおいておいて、
それから水気を絞るのがいいかも。
今回はそのまま味付けしてしまったので、水分が出てきました。
対策として、出てきた水分を捨てて、マヨネーズを少し足しました。
レモン汁のかわりにポン酢を少し入れると和風な感じに。
ゴボウは食感を残すのがおすすめです。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 21:25| Comment(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大人のポテサラ

イメージ 1

【用意するもの】
ジャガイモ・玉ねぎ・鮭フレーク・マヨネーズ・粒マスタード・塩・胡椒

【作り方】
(1) ジャガイモをゆで、やわらかくなったらマッシャーで潰す。
(2) 玉ねぎをスライスして塩をふり、しばらくおいてから絞って水気をとる。
(3) ジャガイモにタマネギ、鮭フレーク、粒マスタードを混ぜる。
(4) 塩、胡椒、マヨネーズで味を調えてできあがり。


今夜はデリ風盛り合わせプレート。
先日食べたアサリと鶏挽肉のポテトサラダが美味しかったので、
ポテトに味がしみそうなものを探してポテサラにしてみました。
鮭フレーク多めがおすすめです。
粒マスタードと胡椒をきかせて大人味に。
私、粒マスタードだ~い好きなんですよね。(笑)
ラベル:レシピ
posted by chineko at 21:17| Comment(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

即席ザワークラウト

イメージ 1

【用意するもの】
キャベツ・塩・A{酢・メープルシロップ・水・胡椒}

【作り方】
(1) キャベツを千切りにして塩をふり、しばらく置いておく。
(2) 鍋にAを入れてて火にかけ、沸騰したら火を止める。
(3) キャベツの水気を絞り、(2)に入れる。味がなじんだらできあがり。


ザワークラウトって発酵させなきゃいけないので
ちゃんと作るのは家では無理ですよね。
なので今回はすでに発酵している酢を使って
即席のザワークラウトです。
余りがちなメープルシロップも使っちゃいます。
砂糖よりもメープルシロップの方がコクが出る気がします。
汁ごと保存するのですが、使うときは汁気を絞ってくださいね。
サンドイッチとかソーセージの付け合わせとか、
急にザワークラウトを使いたくなったときに便利ですよ。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:54| Comment(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

カオマンガイ風炊き込みご飯

イメージ 1

【用意するもの】
米・鶏モモ肉・水・塩・胡椒・A{おろし生姜・おろしニンニク・鶏がらスープの素}・B{味噌・レモン汁・ナンプラー・シーズニングソース・メープルシロップ・おろし生姜・おろしニンニク}

【作り方】
(1) 鶏モモ肉に塩胡椒してキッチンペーパーに包み、30分くらい冷蔵庫に入れておく。
(2) 米に分量の水を入れ、味をみながらAを入れ、最後に鶏肉をのせて炊く。
(3) Bを混ぜ合わせてタレを作る。
(4) 炊き上がったら鶏肉を取り出し、肉汁が落ち着くのを待って切り分ける。
(5) 丼にご飯を盛り、鶏肉をのせ、タレをかけたらできあがり。


タイ料理のカオマンガイって美味しいですよね。
シンガポールの海南鶏飯も同じルーツのものなのですが、
いずれにしてもちゃんと作ると面倒です。
なので我が家はいつも炊飯器使用。
米と鶏肉を一緒に炊き込むので簡単です。
米はできるだけジャスミンライスを使うようにしています。
タレは、これまたきちんと作るとタオチオとかパームシュガーとか
いろいろな材料を用意しなければならないので、
できるだけ家にある調味料で作ってしまうことにしています。
タオチオはタイの液状味噌なので、日本の普通の味噌で代用。
パームシュガーはメープルシロップで。
シーズニングソースはタイの醤油をベースにした調味料ですが、
無ければ普通の醤油を使ってもOKです。
小瓶で180円くらいなので、買い置きしておくと便利です。
目玉焼きや卵かけご飯にも使えますしね。
タレの味が濃い場合は水で薄めてくださいね~
ラベル:レシピ
posted by chineko at 14:09| Comment(0) | エスニック風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。