2018年05月03日

ファラフェル

イメージ 1

【用意するもの】
ヒヨコマメ水煮缶(1缶)・玉ねぎ(約1/5個)・ミニトマト(3個)・A{小麦粉(大さじ1)・カレー粉(小さじ1/2)・すりおろしにんにく(少々)・塩(少々)・胡椒(少々)・香菜(お好みで)}・サラダ油

【作り方】
(1) ヒヨコマメ缶の水気を切り、フードプロセッサーで細かくする。
(2) 玉ねぎとミニトマトはスライスする。
(3) ヒヨコマメ、玉ねぎ、ミニトマトを合わせ、Aを入れて混ぜる。
(4) (3)のタネを適当な大きさにまとめ、油で揚げたらできあがり。


久しぶりにファラフェルが食べたくなりました。
今はヒヨコマメの缶詰などという便利なものがあるので
あっという間にできます。
エジプトで教えてもらったターメイヤ(ソラマメのコロッケ)を
ヒヨコマメで作ればファラフェル。
今回はクミンのかわりにカレー粉を使いました。
その方がクセがなくて両親も食べやすいですからね。
タネをまとめるときに空気をしっかり抜かないと破裂するので
ここだけは丁寧にやってくださいね♪

    イメージ 2
今夜はピタパンで挟んでファラフェルサンドイッチにしました。
カルディのハリッサがいい仕事してくれました。
ちなみにこのピタパンはアンデルセンのものです。
実はアンデルセンの中でもピタパンを売っている店舗はかなりレアで
私の知る限りでは府中の伊勢丹内のアンデルセンだけなのです。
でも、このピタパンが私の中ではベスト。
エジプトで食べたアエーシにもっとも近い味です。
3個で210円(1個だと70円)というのもお値打ち。
私はいつでも使えるように冷凍保存しています。
どこのアンデルセンでも売っているといいのにな~
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:19| Comment(0) | エスニック風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

蓮根のバルサミコマリネ

イメージ 1

【用意するもの】
レンコン・オリーブオイル・バルサミコ酢・にんにく・輪切り唐辛子・塩・胡椒

【作り方】
(1) フライパンにオリーブオイルとにんにく(すりおろしチューブタイプのもの)、輪切り唐辛子を入れて熱する。
(2) レンコンを入れて焼き色がつくまで焼く。
(3) 塩胡椒して火を止め、オリーブオイルを大さじ1くらい残して捨て、バルサミコ酢を一気に注ぐ。
(4) さっと混ぜ合わせたら器にいれて冷やす。


実はこれ、「ミモザ」という洋風デリのお店で買った
れんこんのバルサミコマリネの真似っこです。
香ばしく焼いたレンコンにバルサミコの酸味と甘みがからまって、
それだけでほぼ味が決まるという優れもの。
バルサミコは濃厚タイプとサラッとタイプがありますが、
料理に使うならサラッとタイプの方が使いやすいと思います。
今回はマッシュルームのオイル漬(カルディで買ったもの)があったので
それも一緒に焼いてマリネにしました。
手をかけずに1品。
おすすめです。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 16:50| Comment(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。