2018年09月29日

葱油拌面 (葱油拌麺)

イメージ 1

【用意するもの】
乾麺・A{葱1束・サラダ油150cc・醤油150cc・砂糖大さじ2}

【作り方】
(1) Aで葱油を作る。葱を適当な大きさに刻み、サラダ油に入れて中火でじっくりと熱する。葱がきつね色になったらいったん火を止め、醤油と砂糖を入れて混ぜ、一煮立ちさせる。
(2) 乾麺をゆでる。
(3) 麺の湯を切り、(1)の葱油を混ぜてできあがり。


こちらも再録ですが、かなりシンプルな形になりました。
味の素や塩を入れたり、中国醤油を使う方法もありますが、
これは必要最低限なのでとにかく簡単です。
  イメージ 3
葱油はこんな感じになります。
多めに作っておいて冷蔵庫に入れておけば
しばらくは保存できます。
あとは麺に和えるだけ。

ところで、葱油拌面といったら上海のローカルフード。
日本で言うところの油そばみたいなものですね。
この葱油拌面にちょうどいい麺がないものかとずっと探していたのですが、
先日、十条商店街のインド食材店で、1パック200円の中華乾麺を見つけました。
  イメージ 2
見た瞬間ビビッと来ました。
400g入りで、小分けされた麺が15個入っています。
麺の太さと言い、麺の食感と言い、ちょうどいい具合で
今まで使った乾麺の中でもっとも葱油拌面向きでした。
カルディでの取り扱いが無いのがハードル高めですが
どこかで見つけたらぜひ買ってみてくださいネ!
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:37| Comment(0) | 中国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シガラ・ボレイ

イメージ 1

【用意するもの】
春巻の皮・ブルサンアイユ

【作り方】
(1) 春巻の皮を対角線で半分に切る。
(2) 春巻の皮にブルサンを少しのせ、くるくる巻いたら小麦粉の糊でとめる。
(3) 油できつね色になるまで揚げたらできあがり。


再録です。
トルコで食べられているおつまみ(スナック)のシガラボレイ。
シガラはそのままシガレットのこと。
ユフカ(小麦粉でできた薄い生地)で白チーズを包むのが本物ですが、
簡単に作れる方法として春巻きの皮とブルサンをおすすめします。
ブルサンを使えば調味要らず。
とっても簡単です。

ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:21| Comment(0) | エスニック風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

南瓜ご飯

イメージ 1

【用意するもの】
米2合・南瓜200g・水・塩小さじ1/2・バター大さじ1・胡椒

【作り方】
(1) 米を洗って炊飯器に入れ、2合の線まで水を入れる。
(2) 南瓜を少し大きめに切る。
(3) 炊飯器に南瓜と塩を入れて普通に炊く。
(4) ご飯が炊きあがったらざっくりと混ぜ、バターと胡椒を入れて混ぜ合わせたらできあがり。


これ、去年東急線のフリーペーパーに載っていたレシピです。
確かこんな感じだったと思います。
簡単で美味しかったので、覚書として載せました。
バターの量はお好みで加減するのがいいと思います。
今回は不覚にも胡椒を入れ忘れました! ( ´Д`)
黒胡椒は絶対に入れた方が味がしまりますが、
なくても美味しいのでこれもお好みで。

どうやら料理レシピを見ていると、2合の米に塩小さじ1/2というのが
大体の炊き込みご飯の基本のようですね。
とうもろこしご飯もこの要領でいけます。
サツマイモご飯もこの配合でいけます。
あとは何だろ……?
最近流行りのトマトご飯もいけるかもな。

これからいろいろなものが美味しくなる季節。
そろそろ体重がヤバイです。'^^;)
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:38| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

麻婆春雨

イメージ 1

【用意するもの】
春雨・キクラゲ・豚ひき肉・ニラ・玉ねぎ(又は長葱)・豆板醤・甜麺醤・自家製ラー油・中華スープの素・水・酒・醤油・胡麻油・生姜(チューブのもの)・にんにく(チューブのもの)・水溶き片栗粉・(塩・砂糖)

【作り方】
(1) 春雨とキクラゲを戻し、適当な大きさに切っておく。
(2) フライパンにごま油、自家製ラー油、生姜、にんにくを入れて火にかけ、豚ひき肉を炒める。
(3) 豚ひき肉に火が通ったら、キクラゲ、玉ねぎ、豆板醤、甜麺醤を加えて炒め、香りが出たら酒を入れてアルコールを飛ばす。
(4) (3)に中華スープの素、水、醤油を入れて煮立て、塩と砂糖で味を調え、春雨を入れて春雨に味をしみ込ませる。
(5) ニラを混ぜて水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがり。


そういえば、麻婆春雨はレシピに載せてなかったな、ということで
覚書として載せておくことにしました。
中国には無い麻婆春雨。
でも私はこれをご飯にのっけて掻き込むのが好きなんです。
春雨はサツマイモでんぷんのモチモチしたタイプのものを使っています。
自家製ラー油には唐辛子、花椒、豆豉が入っていますが、
自家製ラー油を常備していないという方は、ひき肉を炒めるときに、
唐辛子、花椒、豆豉を入れて一緒に炒めてください。
辛さはお好みで。
豆板醤や甜麺醤の塩気によって塩、醤油、砂糖、中華スープの素の量を
加減してください。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:41| Comment(0) | 中国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

納豆そぼろご飯

イメージ 1

【用意するもの】
納豆・豚ひき肉・葱・生姜(チューブのもの)・にんにく(チューブのもの)・麺つゆ・七味・胡麻油・ご飯

【作り方】
(1) フライパンにごま油、生姜、にんにく、豚ひき肉を入れて炒める。
(2) ひき肉に火が通ったら、納豆、納豆のタレ、納豆添付のカラシを入れて炒め合わせる。
(3) 納豆に火が通ってポロポロした状態になったら、葱、麺つゆ、七味を入れて炒め合わせる。
(4) ご飯に(3)をかけてできあがり。


今回はキャベツをさっとゆでたものと、
スピナッチ&チーズサンド用にゆでたほうれん草とをご飯の上にのせました。
また、豚ひき肉だけでなく、スピナッチ&チーズサンド用に買ったけれども
使い残してしまった鶏肉を細かくたたいたものも使いました。
納豆を使っているので片栗粉でとろみをつけなくても
何となく全体がまとまってくれて食べやすいのが利点です。
仕上げの麺つゆは、味を見ながら入れてください。
昨夜はちょっと多めに作っておいて、小分けして冷凍しておきました。
これで何もないときでもご飯にのせてチンするだけで食べられちゃう。
冷凍庫サマサマです。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 13:27| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

スピナッチ&チーズサンド

イメージ 1

【用意するもの】
食パン・鶏胸肉・ほうれん草・スライスチーズ(とけるタイプ)・刻んだナッツ・マッシュルームソース・塩・胡椒・バター・マヨネーズ

【作り方】
(1) ほうれん草をゆでて適当な大きさに切る。
(2) 鶏肉を1~1.5cm角に切る。
(3) フライパンにバター、鶏肉、ほうれん草を入れて塩、胡椒で炒める。鶏肉に火が通ったらマッシュルームソースを加えて全体にからめる。
(4) 食パンにマヨネーズをぬり、(3)とスライスチーズ、ナッツをはさみ、オーブントースターで焼く。


スタバの「石窯フィローネ スピナッチ&チーズ」が好きだったのですが
8月いっぱいで販売が終了となりました。
どうしても食べたくて、今日のお昼は家で再現。
ただし、パンは普通の食パンを使っています。

    イメージ 2 イメージ 3

刻みナッツのカリカリとした食感がアクセントになっていて
かなりお気に入りのサンドイッチです。
せっかくなので、今回はピーナツバター&ピクルスのサンドイッチも。
以前にも載せましたが、パンにピーナツバターをぬって
ピクルスを並べるだけというシンプルなサンドイッチです。
スー・グラフトンの小説の主人公キンジー・ミルホーンが
ささっと作って食べているアレです。
ところでマッシュルームソースなのですが……
    イメージ 4 イメージ 5
私が使っているのはカルディで500円ほどで購入できる
ラ・カンティーヌのものです。
炒め物にちょっと入れたりするだけですごーく美味しくなります。
手に入らない場合はマヨネーズで代用してください。(^^;)

ラベル:レシピ
posted by chineko at 11:51| Comment(0) | サンドイッチ・パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。