2019年08月16日

茄子バター炒飯

2019_08080169.jpg


【用意するもの】
温かいご飯・茄子・ベーコン・玉ねぎ・バター・塩・胡椒・醤油

【作り方】
(1) 茄子は食べやすい大きさ(角切り)にする。ベーコンと玉ねぎも同じくらいの大きさの角切りにする。
(2) フライパンにバターを入れて火にかけ、とけたところでベーコンと茄子を入れて蓋をする。
(3) フライパンを蓋をしたままゆすりながら炒め、茄子がしんなりしてきたら蓋を取って玉ねぎを入れて炒める。
(4) (3)にご飯を加えてさっと混ぜ合わせたら、塩、胡椒、醤油で味を調え、全体を均等に炒めたらできあがり。


たまに行く中華屋さんのメニューに
ナスバター炒飯というのがありました。
そちらはもう少し具沢山なのですが、
家で作るには茄子とベーコンのシンプルな味がよかろうと
材料をかなり減らしました。
今回はニンニクを入れていませんが、
ニンニクとバターはとても相性がいいので
お好みでたっぷりと使ってください。(笑)
ご飯は冷やご飯だとうまく混ざらないので
温かいもの(レンチンしたもの)を使ってください。
posted by chineko at 15:37| Comment(0) | 中国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンジで作る酸辣黄瓜

2019_08080163.jpg


【用意するもの】
胡瓜・葱・醤油・酢・砂糖・ポン酢・ラー油

【作り方】
(1) 胡瓜を適当な大きさに切り、耐熱容器に入れてレンジに20秒程度かける。
(2) 葱をみじん切りにする。
(3) すべての材料を混ぜ合わせ、もう一度レンジに20~30秒かける。
(4) 冷蔵庫で冷やして味がなじんだらできあがり。


今回はニンニクは使っていませんが、
お好みで入れて下さい。
酸味と甘みと辛みのバランスは漬け汁をペロリとなめて
こちらもお好みで決めてください。
失敗をできるだけ少なくしたい場合は酢醤油のかわりに
ポン酢を多めに使うといいと思います。
レンチンすることで漬けおきの時間が短縮できるので
15分くらいで食べられるようになります。
レンジって素晴らしいですね。
posted by chineko at 15:29| Comment(0) | 中国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

玉米烙

2019_08040029.jpg

【用意するもの】
コーン缶詰・枝豆・砂糖・片栗粉・サラダ油・マヨネーズ

【作り方】
(1) コーンの缶詰をあけて水気を切る。
(2) 枝豆とコーンを合わせて砂糖を混ぜる。
(3) 全体がうっすら白くなる程度に片栗粉をまぶす。
(4) フライパンに多めのサラダ油を熱し、(3)を平らになるように広げる。
(5) 油が足りないようなら適宜足し、全体が固まったら裏返す。
(6) 焼きあがったらマヨネーズをかけてできあがり。



2019_08040037.jpg
マヨネーズをかけるとこんな感じになります。
ちなみに正しい作り方はこちら。
↓ (上海で買ってきた料理本を翻訳しました)

[材料]
とうもろこし1缶(500g)・グリンピース30g・片栗粉50g・サラダ油500g(実際に使うのは50g)

[調味料]
白砂糖100g・マヨネーズの小袋1パック・粉チーズ少々

[作り方]
(1) とうもろこしの缶を開けて水気を切る。
(2) 砂糖とグリンピースを加えて混ぜる。
(3) 片栗粉を入れて混ぜる。
(4) 鍋に油を入れて熱し、8割方熱くなったら鍋に油少量を残して取り出す。ここに(2)のとうもろこしを入れて平らにならす。
(5) 玉杓子で油を戻し入れ、とうもろこしが浮き上がってきたら強火にしてきつね色になるまで揚げる。
(6) 取り出して油を切り、適当な大きさに切る。
(7) マヨネーズをかけて粉チーズを振りかけたらできあがり。

上海の人って甘いものが好きなんですよね。
だからこういう料理ができちゃうんです。(笑)
でも、美味しいのでぜひお試しを。
posted by chineko at 00:22| Comment(0) | 中国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。