2019年07月17日

焼肉のたれ de プルコギ風

2019_07160001.jpg

【用意するもの】
豚肉・玉ねぎ・パプリカ(赤・黄)・胡瓜・ごま油・焼肉のたれ・胡椒・コチュジャン(お好みで)

【作り方】
(1) 玉ねぎ、パプリカ、胡瓜を細切りにする。
(2) 豚肉は適当な大きさに切る。
(3) フライパンにごま油を入れ、豚肉を炒める。
(4) 豚肉がほぐれてきたら玉ねぎを入れて炒め、さらにパプリカと胡瓜を入れてさっと炒める。
(5) 焼肉のたれ、コチュジャン、胡椒で味を調えて出来上がり。


最近は焼肉のたれに頼ってます。
これ、炒め物に使うと楽なんですよね。
パプリカと胡瓜は色と食感を残すために最後に入れて
さっと炒め合わせる程度で。
塩味でも醤油味でも、お家焼肉をしたときの残りを
どんどん料理で使っちゃうのがおすすめです。
麺を炒めても美味しいので、そちらもおすすめ♪
posted by chineko at 15:42| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

コングクス

イメージ 1

【用意するもの】
そうめん・豆乳・絹ごし豆腐・ピーナツバター・麺つゆ・塩・胡椒・炒り胡麻・きゅうり・パプリカ・ゆで玉子

【作り方】
(1) 豆乳、絹ごし豆腐、ピーナツバター、麺つゆ、塩、胡椒をミキサーにかける。
(2) きゅうりとパプリカを千切りにする。
(3) そうめんをゆでる。
(4) 器にそうめんと(1)を入れ、きゅうり、パプリカ、ゆで玉子をのせ、胡麻を振る。


以前もコングクスを載せましたが、やっぱり夏はコングクスです。
今回は無塩のピーナツバターを使い、麺つゆを少し入れました。
ピーナツバターの塩気によって、塩の量は調節してください。

私は結構しっかり味をつけたつもりだったのですが、
母からは「味がない」と不評でした。
私が作った料理にさっさとポン酢や醤油をかけて味を濃くするくせに
自分では「私は薄味」と自慢する神経が信じられません。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:22| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

油そば風辛ラーメン

イメージ 1

【用意するもの】
辛ラーメン・お好みの具材

【作り方】
(1) 鍋に湯を沸かし、辛ラーメンの麺と乾燥かやくをゆでる。
(2) 器に麺と具を移し、鍋の湯を50~100cc残して捨てる。
(3) 鍋の湯に粉末スープを入れて溶かし、煮たてる。
(4) 麺の上に具をのせてスープを回しかけたらできあがり。


辛ラーメンは550ccの湯で作るのですが、
いつもスープが余るのが勿体なかったんですよね。
    イメージ 2
で、油そば風に和え麺にしてみました。
ところで、辛ラーメンは日本用と韓国用では
辛さが違うのを知っていましたか?
私は今は大久保の中国食材店で購入した
韓国用の辛ラーメンを使っているのですが
日本用のものよりも辛さがしっかりしていて
こちらの方がお気に入りです。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 16:43| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

コストコのプルコギビーフ de 長芋の肉じゃが風

イメージ 1

【用意するもの】
プルコギビーフ・長芋・玉ねぎ・胡椒・焼肉のたれ・ごま油

【作り方】
(1) 玉ねぎは適当な大きさに切る。長芋は皮を取って食べやすい大きさに切り、塩で揉んでぬめりを取る。
(2) フライパンにごま油を熱し、長芋を焼き、焦げ目がついたら取り出す。
(3) 同じフライパンで玉ねぎとプルコギビーフを炒め、プルコギビーフに火が通ったら長芋を戻して炒め合わせる。
(4) 胡椒と焼肉のたれで味を調えたらできあがり。


久しぶりにプルコギビーフを買いました。
だって冷凍庫の中身が全滅しちゃいましたからね~
というわけで、プルコギビーフと長芋を使って
肉じゃが風の炒め物を作ってみました。
以前は普通に牛肉を使って作っていたのですが、
プルコギビーフの方が簡単ですね。
最後の焼肉のたれは、様子を見ながら入れてください。
プルコギビーフ自体がそこそこ濃いめの味になっているので。
今度はプルコギビーフで炒飯を作ろうっと。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:01| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

人参の炒めナムル

イメージ 1
 
【用意するもの】
人参・すりごま・ごま油・すりおろしにんにく・塩・胡椒
 
【作り方】
(1) 人参を千切りにする。
(2) フライパンにごま油とにんにくを入れて熱し、人参を炒める。
(3) 人参がしんなりしてきたら塩、胡椒して味を調え、全体にすりごまを混ぜたらできあがり。
 
 
人参祭り開催中につき、人参メニューのオンパレードです。
     イメージ 2
なんたってこの日のメニューは牡蠣のオイル漬けスパゲティ、
人参のカレー炒め、人参のソムタム風、人参の炒めナムル、
牡蠣のホイトード風ですからね。(笑)
 
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:48| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

セリのナムル

イメージ 1
 
【用意するもの】
セリ・ごま油・にんにくのすりおろし・塩・胡椒・すりごま
 
【作り方】
(1) セリは根を切り、3等分くらいの長さに切る。
(2) フライパンにごま油とにんにくのすりおろしを入れて熱し、セリを入れ、塩胡椒して炒める。
(3) セリがしんなりして水分がなくなってきたら火を止め、すりごまをたっぷり混ぜてできあがり。
 
 
この間「今日の料理 ビギナーズ」を立ち読みしていたら
(そう、いまだに私は料理のビギナーなんですよ! 一人暮らし歴26年なのに!)
コウケンテツさんが「セリの炒めナムル」を紹介しているのを見つけました。
なるほど、独特の香りのあるセリもナムルにしちゃえばいいのか~
春菊もナムルにすると食べやすくなりますもんね。
というわけで、真似してみました。
とっても美味しいのは◎なのですが、1つ問題が……
何しろこの写真の量で実はセリを2束使ってます。
生のときにはものすごい量に見えるセリですが、
火を通すとこんなに少なくなっちゃうんです。
  イメージ 2
そこで前回のセリと今日のセリが再生することを願って
キッチンでしばらく育ててみることにしました。
一昨日のセリ(奥)はちょっと伸びてきたでしょ?
今日のセリと合わせて1回分のナムルができるといいな~
 
ラベル:レシピ
posted by chineko at 15:46| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

サクサク eco ニラチヂミ

イメージ 1
 
【用意するもの】
フライの衣(パン粉、小麦粉、卵)・ニラ・水・鶏がらスープの素・塩・胡椒
 
【作り方】
(1) 材料を全部混ぜ合わせる。様子を見て小麦粉を足す。
(2) フライパンに多めの油を入れて熱し、お玉半分くらいずつ生地を入れて焼く。
 
 
フライをすると衣が余っちゃうことありませんか?
私、いつももったいないなあ、と思ってたんです。
先日ハムカツを作ったとき、「えーい、これでニラチヂミにしちゃえ」
とチヂミにしてみたところ、いい具合にできあがりました。
パン粉がいい仕事してサクサクに仕上がるんですね。
そこで今夜はカキフライを作った衣を使ってニラチヂミ。
ニラは細かく切ったものを冷凍してあるので
ほぐして混ぜるだけという手軽さです。
お好みでツナとかハムとかチーズを入れてもOKです。
2口サイズくらいにできあがるので1個ずつラップに包んで冷凍すると
レンジ解凍+オーブントースターで好きなときに食べられるのが
これまた一人暮らしの強い味方だったりするのです。
 
  イメージ 2
 
ちなみに今回のカキフライは、これまた安上がりで手抜きバージョンです。
一昨日、1パック399円で出ていたので、
閉店間際のスーパーでカゴに放り込みました。
1パックに入っていたのは27個(27匹カナ?)。
これを塩水でジャブジャブ洗って、軽く水気を切ったら、
そのまま塩胡椒して小麦粉と卵と水を入れてモミモミします。
そしてあとはパン粉をつけて揚げるだけ。
結構ジューシーにできてるでしょ?
中濃ソース、マヨネーズ+七味、スイートチリソース+ホットチリソースの
3種のソースでいただきました。
牡蠣の美味しい時期、もっともっと牡蠣を食べたい!
# だけど3回くらい牡蠣にあたってる!( ´Д`)
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:17| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

うずら玉子の醤油漬け

イメージ 1
 
【用意するもの】
うずら玉子(水煮)・A{水・醤油・砂糖・酒・鶏がらスープの素}
 
【作り方】
(1) 鍋にAを入れて煮立たせる。
(2) (1)にうずら玉子を入れて、再び煮立ってきたら火からおろして冷ます。
(3) (2)が冷めたら、もう一度火にかけて煮立たせ、火からおろして冷ます。
 
 
この間、新大久保の「おんどる」でうずら玉子の醤油漬けを買ってきました。
美味しかったんだけど「これは自分でも作れるよね」と思ったんです。(^^;)
お手軽に水煮のうずら玉子を使えば簡単です。
甘みが浸透しにくいので、砂糖を多めがいいと思います。
とりあえずこれをつまみに酒が飲めます。(≧∇≦)ノ
 
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:20| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

海老とニラのチヂミ

イメージ 1
 
【用意するもの】
小麦粉・卵・水・塩・胡椒・ニラ・海老・サラダ油・ごま油・A{玉ねぎ・醤油・酢・ごま油・一味唐辛子}
 
【作り方】
(1) Aを混ぜてタレを作る。
(2) ニラを3cmくらいの長さに切る。
(3) 小麦粉に卵と水を入れて生地を作り、海老とニラを入れ、塩胡椒をして混ぜ合わせる。
(4) フライパンにサラダ油を熱したところに生地を入れて両面をこんがりと焼く。
(5) 全体が焼けてきたらごま油を少々足し、生地の表面がカリッとなるまで焼いたらできあがり。
 
 
この間スーパーの見切り品でニラ10束300円で買ってきたので(!)
キムチ風の浅漬けにしたり、刻んで冷凍したりして、
ニラ祭り状態の我が家です。(笑)
そんなニラを消費するために今夜はチヂミを作ってみました。
ちなみにこの間海老ピラフを作ったときの海老が冷凍庫に残っていたので
海老もドドーンと入れちゃいました。
 
ところでチヂミって方言なんですよね。
韓国に行くと普通は「ピンデトク」って言うんです。
焼くときに「ヂヂヂヂ」って音がするから「チヂミ」なんですね。
「ピンデトク」というのはチヂミの類のものを総称した言い方で、
ピンデトクの素材の種類によって「○○ジョン」と呼び分けます。
葱のチヂミなら「パジョン(パ=ネギ)」、
ジャガイモのチヂミなら「カムジャジョン(カムジャ=ジャガイモ)」、
緑豆のチヂミなら「ノクトゥジョン(ノクトゥ=緑豆)」、
海鮮のチヂミなら「ヘムルジョン(ヘムル=海水=海鮮)」。
材料によって無数のジョンが存在するわけです。
 
  イメージ 2
韓国でチヂミを食べたとき、玉ねぎを酢醤油につけたようなタレが出てきました。
とてもさっぱりしていて美味しかったので、私が家でチヂミを食べるときはいつもコレ。
参考にしてみてくださいね。 (^o^)/
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:17| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラダビビンバ

イメージ 1
 
【用意するもの】
あたたかいご飯・お好みの野菜・A{焼肉のたれ・醤油・酢・一味唐辛子}
 
【作り方】
(1) Aを混ぜ合わせてタレを作る。
(2) 器にご飯を盛り、お好みの野菜をたっぷりのせる。
(3) (2)に(1)をかけてできあがり。
 
 
ビビンバというと石焼ビビンバがすっかり定着してきましたが
元々は器にご飯とナムルなどの野菜をのせて
グチャグチャかき混ぜて食べればOKなんですよね。
でも、1つ1つナムルを作るのは面倒。
そんなときはサラダビビンバです。
チョレギサラダドレッシングがあれば簡単なのですが、
我が家にはそんな便利なものはないので
焼肉のたれでドレッシングを作りました。
酢と醤油を入れるとさっぱりしますよん♪
あとはグチャグチャ混ぜるだけ。
野菜がしんなりしてきたら食べ頃です。
 
  イメージ 2
今日は「とうな」のナムルも作ってみました。
この間スーパーの見切り品に出ていて買ってみたんです。
菜の花っぽい食感だけど、春菊のような苦みも少しあって
ナムルにしてみたら結構美味しかった!
でも、「とうな」って何???(@@;)
 
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:59| Comment(0) | 韓国風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。