2020年06月11日

牛肉と大葉のバター醤油炒め

2020_06050040.jpg

【用意するもの】
牛肉・玉ねぎ・大葉・バター・醤油・胡椒

【作り方】
(1) 牛肉、玉ねぎ、大葉を適当な大きさに切る。
(2) フライパンにバターを入れて熱し、溶けたところに牛肉と玉ねぎを入れて炒める。
(3) 全体を程よく炒めたところで大葉と醤油、胡椒を入れて混ぜ合わせてできあがり。


先日、『ショージ君の「料理大好き!」』を
久しぶりに引っ張り出して読んでいたら、
牛肉と青しそをバターと醤油で炒める料理が出てきました。
これは美味しそう!
ちょうど冷凍庫に牛肉もあるし、ということでやってみました。
冷蔵庫に新玉葱も少し残っていたのでそれも入れて……
でも酒を入れるのを忘れちゃった!
これでも十分美味しかったですけどね。(笑)
大葉はたっぷり使うのが◎です。
posted by chineko at 08:54| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

とうもろこしと枝豆のかき揚げ

2019_07050054.jpg


【用意するもの】
とうもろこし・枝豆・小麦粉・玉子・塩・揚げ油

【作り方】
(1) とうもろこしの粒を芯から外す。枝豆をさやから出す。
(2) とうもろこしと枝豆全体が白くなるくらいに小麦粉をまぶす。
(3) (2)に生卵を入れて混ぜる。生地がかたすぎるようであれば少量の水を足す。
(4) フライパンに1cmくらい油を入れ、5~6cmのセルクル型を使ってかき揚げを作る。


かき揚げは油の中でタネが広がってしまうのが難敵ですが、
セルクル型の中に生地を入れ、
生地が固まってきたら(5~10秒くらい)セルクルを外すと
きれいな形にまとまります。
揚げているときに生地の中心あたりに箸で1~2ヶ所穴をあけると
さっくりと揚げあがります。
posted by chineko at 14:54| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

釜めし風ご飯

イメージ 1
【用意するもの】
ご飯・お好みの具・釜めしの器

【作り方】
(1) 釜めしの器にご飯を好きなだけ入れる。
(2) ご飯の上に具をのせる。
(3) 軽くラップをして2~3分レンジにかけて出来上がり。


横川の釜めしの器が3つ揃いました。
なのでこの日は我が家で釜めし風。
もちろんご飯も炊ける器なのですが
1個ずつだと面倒なので、一度に炊いたご飯を盛り付けて
その上に具をのせる方式にしました。

    イメージ 2
今回使ったご飯はたけのこご飯。
具も、残りのタケノコを煮たり、牡蠣を煮たり。
本当は鶏肉を照り焼きにしたかったのですが
豚肉のスライスが安かったので、丸めて照り焼きにしました。
具の味がうっすらご飯に移ります。

ラベル:レシピ
posted by chineko at 17:20| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

豆腐だんご

イメージ 1

【用意するもの】
豆腐・鯖缶・人参・インゲン・卵・小麦粉・すりおろし生姜・醤油・みりん・塩・油

【作り方】
(1) 人参とインゲンをみじん切りにする。
(2) 豆腐を崩し、鯖缶、人参、インゲン、卵を混ぜる。
(3) 小麦粉、生姜、塩、醤油、みりんを加えてさらに混ぜる。
(4) (3)を適当な大きさにまとめ、多めの油で揚げ焼きする。


実はこれ、完成形ではありません。
ここからさらに照り焼き風とかトマトソース煮とかに変化します。
年末に缶詰類の整理をしたので、そのときに発掘された
賞味期限のあやしいサバ缶を使うためのレシピです。
缶汁も一緒に入れるとそれだけでほぼ味が決まるので、
醤油は香りづけ、みりんは甘さの調整程度です。

ちなみに豆腐1丁と鯖缶1缶で37個の豆腐団子ができました。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 15:19| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

三色そぼろ丼

イメージ 1
【用意するもの】
A{卵・塩・砂糖}・B{鯖缶・醤油・みりん・すりおろし生姜}・C{インゲン・塩・麺つゆ}・ご飯

【作り方】
(1) Aをフライパンか鍋の中で混ぜ、中火にかけてぽろぽろになるまで炒る。
(2) Bをフライパンか鍋に入れ、中火でぽろぽろになるまで炒る。
(3) インゲンを塩ゆでし、適当な大きさに切って麺つゆをまぶす。
(4) ご飯の上に(1)~(3)をのせてできあがり。

学生の頃によく作っていたそぼろ丼です。
教育実習のときにお弁当に持って行ったりもしていました。(笑)
当時サバ缶は安かったので、鯖缶でさつま揚げを作ったり、
そぼろを作ったり、いろいろに活用しました。
今はすっかり高級品になっちゃいましたけどね……

ところで。
私は表記の統一には結構こだわる方なのですが、
敢えて「鯖缶」と「サバ缶」の両方を混在させています。
なぜかというと、画面左上の検索窓で検索したとき、
「鯖缶」でも「サバ缶」でも検索できるようにするためです。(^^;)
「コイツ、モノを知らないな」と思われたかもしれませんが、
私なりに実は理由があるのでした。。。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 21:18| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

特大カキフライ

イメージ 1

【用意するもの】
牡蠣(加熱用)・塩・胡椒・小麦粉・卵・パン粉・サラダ油・片栗粉

【作り方】
(1) 牡蠣をさっと水洗いしたら、塩と片栗粉で揉むようにして汚れを出し、水で何度か洗ってきれいにする。
(2) 牡蠣に塩と胡椒をして、片栗粉をまぶす。
(3) (2)を2~3粒ずつまとめ、小麦粉と卵を混ぜた液にくぐらせる。
(4) (3)にパン粉をまぶしてからっと揚げたらできあがり。


昨日買ってきた牡蠣は4~5cmのものだったので
もっとボリュームのあるのが食べたくて、
2~3個まとめて揚げることにしました。
これで特大サイズのカキフライのできあがり!
8~10cmの大物になりましたよ。(笑)
500円のパックで14個の特大カキフライ、上出来です。

ちなみにカキフライを食べるのは私と父で、
母は魚介類を食べないので、
母用にはぎょうざの満洲で買ってきた冷凍餃子を揚げました。
ちょっとは手抜きさせてもらわないとね。 (- -;)
ラベル:レシピ
posted by chineko at 23:21| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

南瓜ご飯

イメージ 1

【用意するもの】
米2合・南瓜200g・水・塩小さじ1/2・バター大さじ1・胡椒

【作り方】
(1) 米を洗って炊飯器に入れ、2合の線まで水を入れる。
(2) 南瓜を少し大きめに切る。
(3) 炊飯器に南瓜と塩を入れて普通に炊く。
(4) ご飯が炊きあがったらざっくりと混ぜ、バターと胡椒を入れて混ぜ合わせたらできあがり。


これ、去年東急線のフリーペーパーに載っていたレシピです。
確かこんな感じだったと思います。
簡単で美味しかったので、覚書として載せました。
バターの量はお好みで加減するのがいいと思います。
今回は不覚にも胡椒を入れ忘れました! ( ´Д`)
黒胡椒は絶対に入れた方が味がしまりますが、
なくても美味しいのでこれもお好みで。

どうやら料理レシピを見ていると、2合の米に塩小さじ1/2というのが
大体の炊き込みご飯の基本のようですね。
とうもろこしご飯もこの要領でいけます。
サツマイモご飯もこの配合でいけます。
あとは何だろ……?
最近流行りのトマトご飯もいけるかもな。

これからいろいろなものが美味しくなる季節。
そろそろ体重がヤバイです。'^^;)
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:38| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

納豆そぼろご飯

イメージ 1

【用意するもの】
納豆・豚ひき肉・葱・生姜(チューブのもの)・にんにく(チューブのもの)・麺つゆ・七味・胡麻油・ご飯

【作り方】
(1) フライパンにごま油、生姜、にんにく、豚ひき肉を入れて炒める。
(2) ひき肉に火が通ったら、納豆、納豆のタレ、納豆添付のカラシを入れて炒め合わせる。
(3) 納豆に火が通ってポロポロした状態になったら、葱、麺つゆ、七味を入れて炒め合わせる。
(4) ご飯に(3)をかけてできあがり。


今回はキャベツをさっとゆでたものと、
スピナッチ&チーズサンド用にゆでたほうれん草とをご飯の上にのせました。
また、豚ひき肉だけでなく、スピナッチ&チーズサンド用に買ったけれども
使い残してしまった鶏肉を細かくたたいたものも使いました。
納豆を使っているので片栗粉でとろみをつけなくても
何となく全体がまとまってくれて食べやすいのが利点です。
仕上げの麺つゆは、味を見ながら入れてください。
昨夜はちょっと多めに作っておいて、小分けして冷凍しておきました。
これで何もないときでもご飯にのせてチンするだけで食べられちゃう。
冷凍庫サマサマです。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 13:27| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

鶏の炭焼き丼

イメージ 1

【用意するもの】
鶏の炭焼き(レトルト)・ご飯・温泉卵

【作り方】
(1) 鶏の炭焼きを温める。
(2) ご飯に鶏の炭焼きを汁ごとのせる。
(3) 温泉卵をのせてできあがり。


最近よく、新宿のみやざき館KONNEで
レトルトパウチ商品の鶏の炭焼きを買っています。
要冷蔵のものと常温保存できるものがあるのですが
私はいつも冷蔵タイプを購入。
中でも、鶏肉と塩のみで作られたものがお気に入りです。
あっさり塩味。
でも炭の香りが香ばしくて飽きません。
しかも1袋450円くらいでお手頃価格なのです。

昨日から両親が2~3週間里帰りをしているので
しばらく一人暮らしを満喫できる、ということで
この鳥の炭焼き1袋を独り占めした丼を作ってみました。
ネギなんかをのせるとバランスがよさそうですが、
それよりも早く食べたい気持ちが勝ってしまって
とりあえず食べてしまいました。(笑)
ラベル:レシピ
posted by chineko at 11:29| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

おからナゲット

イメージ 1

【用意するもの】
おから・ツナ缶・フライドオニオン・卵・小麦粉・塩・胡椒

【作り方】
(1) おからにフライドオニオンと、軽く汁気を切ったツナ缶を混ぜる。
(2) 卵と小麦粉も入れ、塩胡椒してよく混ぜる。
(3) フライパンに油を熱し、一口大にまとめた生地をあげる。

以前、おからハンバーグ、おからコロッケなど
いろいろ載せましたが、その集大成(?)です。
おから1/2袋くらいにツナ缶は1缶、卵2個くらいです。
ツナ缶はあまりしっかり汁気を切りすぎない方が
しっとりできていいと思います。
ちなみに私はノンオイルのを使っています。

      イメージ 2
こんな感じでピタパンにはさんで食べるとエスニックな感じに。
ソースはマヨネーズ+ケチャップでもいいのですが、
マヨネーズ+ハリッサ(←カルディで売ってます)だと、
よりエスニックな感じになります。
ラベル:レシピ
posted by chineko at 22:13| Comment(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。